ブログをさぼらないための考えかた

目安時間 7分
こちらから他のネットビジネスブログへ
ネットビジネスランキング
ワンクリックいただけると幸いです。

ブログを始めたはいいけど、そのうちモチベーションが切れて、書かなくなってしまうことがありますよね。

いったん書かない日ができると、すべてがだめになった気がして、そこで一気に書かない日が増えてしまう。

だんだん間隔が開いて、そのうち長いお休みに入ってしまう・・・

おやすみならまだいいですが、それでやめてしまってはあまりにもったいないです。

ブログは(ブログでなくても)、続けたもの勝ちです。

「やめる」ことがないよう、なんとか記事を書き続けましょう。

とは言っても、どうしてもブログをサボってしまう人もいます。

この記事では、ブログを書き続けるための考え方についてお話しします。

Twitterでは、ブログ運営などの情報を配信しています。どうぞご覧ください、

@Lyustyle

ブログを書く手順をオートパイロット化する

ブログを書く手順をオートパイロット化

ブログをやめないためには、やめようという心の働きをスキップしなければなりません。

書こうか書くまいかという心の迷いをスキップすることが大切です。

迷う時間に、人は「やらないわけ」を探しますよね。

いったんこのモードになったら、いざやると決めた時に消費するエネルギーは莫大なものになります。

そこで、有効なのが、ブログを書くまでの手順をオートパイロット化するということです。

ブログを書く一つ一つの動作を考える余地がないくらいに自動的に流れるようにしてしまうのです。

私たちは、手が止まる、思考が止まるタイミングで行動を止めてしまいがちです。

この、手や思考が止まらないようにするために、次のようなことをします。

[st-mybox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle" color="#FFD54F" bordercolor="#FFD54F" bgcolor="#FFFDE7" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]

行動をこまめに分解して、1日の生活の中に割り振り、紐づけておく。

[/st-mybox]

これです。

  • 朝のストレッチ=次のブログのネタを選ぶ
  • 昼休み = 見出しを書いておく
  • 帰宅=見出し1を埋める
  • 夕食後=見出し2を詰める
  • 風呂=見出し3を埋める
  • 寝る前=読んでみてそのまま寝て、記事を寝かす
  • 朝起きる=投稿する

こんな感じです。

実際には各段階で、これ以上進むことの方が多いです。

でも、それぞれのタイミングでまた行動を紐づけておくと、自然にスマホを立ち上げてそのタイミングでの行動をすることができるようになります。

これがオートパイロットです。

ここには、「書こうかやめようか」という選択のブレは起こりません

その時にやることが決めてあるので、前に進むしか選択肢がないのです。

また、やることが細かく決めてあるので、思考も手も止まりません。

このオートパイロット化しようと思うすることは、ブログを書き続けるマインドの中でも大切なことですので、ぜひお試しくださいね。

あらかじめ障害を取りのぞく

あらかじめ障害を取り除く

手が止まる、思考が止まる,そのタイミングを無くしてしまうのです。

具体的には、手が止まるタイミングは、

🍎今日書くことが分からなくなること。

🍎調べなければかけないことが見つかること。

こんなことが考えられますね。

これをあらかじめ先に潰しておきます。

前項のオートパイロットをしておくことは、これらの障害を魚潰しておくことにもなります。

今日、何書いていいか分からない

いざ、書く時になって何を書いていいか分からず、、あれこれ考えて時間ばかりが立ち、そのうちに疲れてやめてしまう。

そんな経験はありませんか?

これを先に潰すために、前の投稿時につぎのネタまで決めておくことが考えられます。

既に何を書くかが決まっているだけで、いざ書く時に手や思考が止まることはありません、

途中でわからないことが出てくる

描いている途中で、調べないといけないことが出てきた時、手が止まります。

そこですぐに調べられたらいいのですが、そうでないこともあります。

また、調べること自体が面倒になってしまうこともあります。いずれにせよ、大きなエネルギーを使ってしまいます。

これは、事前に見出しを作っておくことで、避けることができます。

見出しを作る時点で、調べなければならないことがかなりはっきりしてくるからです。

その後、実際に記事を描き始める時までに心の余裕を持って調べておくことが出ます。

前項のオートパイロットは、事前にカラらのことを潰しておくことにもなっています。

この二つはセットで考えるといいですね。

コーチをつける

コーチをつける

まだまだ日本では一般的ではありませんが、欧米では、自分の目標達成や課題解決のためにコーチをつけることは普通のことになってきています。

収益だとか、自己のブランディングなど、プラグを続ける先に明確な目的がある時には、コーチをつけることをお勧めします。

このブログの名前「ブログ運営コーチング」も私が実際に行っているコーチングのセッションからつけています。

コーチをつけることで、ブログをゼロから立ち上げ、最初の10記事を書き、アドセンスに合格し、その後100記事、200記事と蓄積することができているクライアントさんがおられます。

コーチは、1週間に一度のセッションで、進行状況を確か、進捗度を確認し、次に何をするのかを具体的にクライアントさんが決められるようにサポートをします。

どうしてもブログをサボってしまうという方は、コーチをつけることも選択肢に入れられることをお勧めします、

私のコーチングのフォームはこちらです。

現在、枠がいっぱいでお待ちいただくことになりますが、空きましたらお知らせします。

来年4月からは定年退職に伴い枠を広げら予定です。

こちらから他のネットビジネスブログへ
ネットビジネスランキング
ワンクリックいただけると幸いです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ運営の教科書
プロフィール

Lyusytleと申します

コーチをしております。特にブログ運営に関するコーチングを得意としています。

ネットに資産を残すネットビジネス全般について,ブログを中心に記事を積み重ねています。

ご質問やコーチングの依頼等ありましたら,メールフォームよりお願いします

コーチ
最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
NewStatPress
_
NewStatPress Stats
Visits today: _