どうも親指AF Lockボタンの使い方がよくわかりません。

一度は分かったと思っていたんです。

前景,背景がはっきり分かれていて,向こうの方にピントを合わせたいのに,AFしたら手前のものの方にピントが合ってしまって困る,というようなときに使います。

背景の方にセンターを合わせ,このボタンを押してAFを効かせておけば,そのあとレイアウトを変えても,背景の方にフォーカスを合わせ続けるのです。

もちろん,シャッターボタン半押しフォーカスの機能は切っておかないといけません。

でないと,せっかく背景の方に合わせても,いざシャッターを切るときにはまた手前のものの方にフォーカスを併せてしまいます。

 

さて,これくらいわかっていて便利に使っていたつもりだったんですが,どうもうまくいきません。

外で風景を撮るとき,まずズームして背景のものにピンポイントでフォーカスを合わせるのですが,それをズームアウトすると,フォーカスがぶれるのです。

僕としては,ズームしてピンポイントでフォーカスを合わせておけば,あとはレンズを移動しようが,ズームアウトしようが合わせたものへのフォーカスは変わらないと思っていたのです。

でも,実際はちがいました。

例えば,下の写真。全体としてはピントが合っているように見えます。

拡大したときに船のところにちゃんとピントが合っていてほしいので,一度拡大して,中央の人のあたりにフォーカスを併せました。

そうしておいて,ズームアウト。シャッターを切ったものです。

それを拡大したら,こうなっているのです。

ぶれてます。

一度拡大してフォーカスを合わせたのに,ズームアウトしたらぶれているのです。

 

これでは困るなあ。

AF Lockでフォーカスを併せたら,もう一度押すまでピントを合わせ続けるように設定しているのですが。

下の写真では,一度拡大して「かにや」の提灯に合わせました。

でも,これくらいの距離だったからか,ちゃんとピントはあったままです。

 

遠くだと,ズームアウトしたらピントがはずれてしまう。

これはいったいどうしてでしょうか。

それとも,私の設定が間違っているのかな。

どなたか,お分かりの方,教えていただけると幸いです。