柳橋連合市場に写真の撮影に行きました。

GH5ひとつを携えていきました。

今日は親指AFを試します。

前回の記事で書いたように,シャッター半押しでは,別の思っていもいないところにフォーカスを持っていかれてしまうことがよくあります。

ですから,フォーカスロックが必要です。

合わせたいポイントにファインダーの中心を合わせて,親指AFを作動させます。こうすることで,そこにフォーカスが固定され,あとは構図をいかに動かしても対象からフォーカスがはなれることはありません。

もちろん,シャッターボタン半押しでのAFは切っておかなければなりません。切るのを忘れたら,せっかくフォーカスを合わせても,シャッターを切ろうとした瞬間に,もう一度AFが行われて,フォーカスがどこかに持っていかれてしまいます。

  1. 右親指でフォーカスを合わせて
  2. 構図を決めて
  3. シャッターを切る。

さて,柳橋連合市場へは,メインブログの取材としていきました。

メインブログでは,福岡に来た人のための便利情報をカテゴリーの一つとしていくつか記事を書いています。

これらの記事を少しずつ増やしていき,福岡,博多に来た人が便利に利用できるようにしたいのです。

よろしければ,メインブログの記事もご覧ください。

今日は,フォーカスロックの動作がすばやくできるよう練習を兼ねています。

親指AFの練習

プログラムオートで撮っています。フォーカスは,真ん中の蒲鉾です。

下がっている電球で親指AFによりフォーカスロックをかけ,そのまま引いてシャッターを切りました。

電球にフォーカスが来ていることがよくわかります。

 

こちらは,手前の電球にフォーカスを当てて写したもの。

向こうのマグカップにフォーカスを当ててから同じ構図に戻してシャッターを切ったもの。

いったんボタンを押せばもう一度押すまでずっとそれにフォーカスを当て続けてくれるので,安心して構図を探ることができます。

この辺は,シャッター半押しでもさほど変わらないと思いますが,拡大して,フォーカスを当てたいところピンポイントで親指AFボタンを押してロックすると,思い通りにフォーカスさせることができます。

以下の写真もそれぞれうまくピントを合わせることができました。

下のは,柳橋連合市場ではありません。近くの講演ですが,見事に親指AFでセミだけにピントを合わせることができました。本当にうれしい一枚です。

ハト写真も同じ。中央のハトを拡大してから親指AFボタンを押して,ズームを弾いてから撮影。

きれいに向こう側のハトにピントが合っています。

今日の一枚

路地裏で,撮りました。色も構図もなかなか気に入りました。

ファッショナブルフォト

今日撮った素敵写真

僕は,こういうのにとても惹かれるのです。ちょっとアンティークな。

始めて,効果をつけて撮ってみました。モノクローム写真。

僕はモノクロームの写真がとても好きなので,今後もどんどん撮っていきたいです。