検索でおいでになった方は、GH5欲しい!でも近頃YouTuberがAFでネガティブなこと言ってるし、実際のところどうなんだろうと思っておいでのことと思います。

あれだけパナチューバーたちがAFだめ、と言っているのを見ると、ついつい高いだけのダメカメラじゃないかと思ってしまいますものね。

私も買う前に心配になりました。

しかし,実際に動画を撮ってみると何の問題も感じません。

結論から言うと、YouTuberじゃない僕たちには、彼らが必要としているAFの効きの速さは別の次元の事だということです。

PR

彼らが言うのは、動画を撮っている最中の自分の顔の前後移動や手前に持ってきたものへのAFの追従が悪いと言うことですよね。

それはカメラから離れて自分を撮っているからこそ感じるネガティブポイントでしょう。

でも、僕らのように自分撮りのYouTuberでない人間は、すぐにAFを効かせたかったら、液晶画面でそのポイントをタッチしさえすればいいのですから何も問題はありません。

 

何かと比較すれば「確かに遅いなー」と感じることがあるのかもしれませんか、「あのカメラのAFがすごいので,そこだけを比較してみるとorz」のようになってしまうと,全体的な評価を見誤ります。少なくともとなりの芝生と比較せずに,普通にカメラを構えて撮影している限りにおいては「遅いのでいらいらする!」「不便だ!」なんていう感覚は全くありません。

 

Youtubeにも,部屋で向こうの本棚とこちらの置物とを交互に行き来している動画がありますが,全然遅い感じはしませんしね。

この動画など,とてもわかりやすいです。

これで遅いというなら,用途が特別なんだろうと思います。一般使いなら何の問題もありません。

 

現場でちょこまか動き回る子どもたちを記録撮影しているのですが,問題を感じません。それよりも,「いまここ!」という時には迷わず画面をタッチして合わせてます。それでいいんじゃないでしょうかね?

以上,簡単でしたが,AFの性能に関して背中を教え差し上げることができましたでしょうか?

それではまた!

PR

参考に。

【オートフォーカスの高速化】

「GH5」は「GH4」と比べてAF時のセンサー駆動速度が2倍の480fpsになっています。被写体との距離測定速度(DFDテクノロジー)は6倍になり、AF速度は従来の0.07秒から0.05秒になりました。空間認識技術(DFD)はさらに高精度化して最大8倍まで検出精度が向上(分解能が約8倍)しています。動き補正回路を搭載して追従性能も良くなっています。(フォトスク)

http://photosku.com/archives/2288/

GH5 f/3.5 1/60 ISO1250